ギター・ベースの塗装 ポリウレタン / ポリエステル

似て非なるポリエステルとポリウレタン塗装

ビーカー

ギター・ベース・ウクレレでメジャーな塗装であるポリ塗装には、実はポリエステルポリウレタンの二種類があります。

この二つは性質上似通った部分も多く一括りで扱われることが多いのですが、特徴が微妙に異なる点もあり、実際よく使われる楽器の価格帯も違います。

今回は、このポリエステルとポリウレタン塗装について解説します。

ポリエステル塗装

ポリエステル塗装は複数の薬液を混ぜた際の反応で硬化させるタイプの塗料で、硬化が早く、一度に形成できる塗膜の厚みが分厚いのが特徴です。

これによって工期と手間を短縮し、製造コストを大幅に削減することが可能です。

形成される塗膜は厚く硬いためキズも付きにくく、硬化後はすぐに安定するので、手入れも簡単である程度荒く扱っても大丈夫です。

ただし、ラッカー塗装とは違い塗膜に柔軟性がないため衝撃に弱く、ぶつけたりするとパリっと割れてしまいやすい点は注意が必要です。

また、塗装が分厚い分ギターそのものの鳴りを阻害してしまうため、音質面ではあまり優秀な塗装とは言えません。

これらの特徴からポリエステル塗装は大量生産されている安価なギター・ベースでよく使用されています。

ポリウレタン塗装

冒頭でも述べた通り、ポリウレタンは全体的にポリエステルと似た性質を持っていますが、微妙に特性が異なる面もあります。

両者の違いを挙げつつポリウレタン塗装の特徴を解説していきましょう。

ポリウレタン塗装の特徴とポリエステル塗装の違い

ポリウレタンもポリエステル塗装同様、二液の反応による硬化で塗膜を形成します。

ちなみに、ギター・ベースの塗装ではポリ系の塗装でもラッカー塗装でも、刷毛だとかで手塗りしたりはしません。

ポリウレタンの場合、二つの液を混ぜて溶剤(シンナー)で粘度を整え、スプレーガンで吹き付けます。(エアブラシのデカいヤツ)

ポリウレタンの方が硬化のスピードが遅く、一度に吹き付けて形成できる塗膜の厚みがポリエステルよりも薄くなってしまいます。

無理をして一度に分厚く塗料を乗せようとすると硬化不良を起こし、塗膜の中に無数の細かい気泡ができてしまうなど塗装不良となるためです。

そのためポリウレタンは薄目に塗って少し乾燥(硬化)させてから塗り重ねるという繰り返しの回数が増え、ポリエステルよりも手間・時間がかかるのが難点

その分ポリエステルよりも製造コストが上がってしまいます。

逆に言えば繰り返し薄く重ねる分塗膜の厚みをコントロールしやすく、塗膜を極薄に仕上げることも可能です。

また、ポリウレタンの塗膜は比較的柔軟性もありある程度衝撃にも強く、ポリエステルよりもパリッと割れにくいのも両者の違いです。

総じていうなら、ポリウレタンはミドルクラスから高価なギター・ベースまで広く使用され、ポリエステルは安価な入門用ギター・ベースによく使われる塗装と言えるでしょう。

安価な中国製や韓国製などのギター・ベースにはポリエステル塗装で、国産ギター・ベースや各社のミドルクラス以上など、4,5万円以上するようなモデルにはポリウレタン、ということが多いように感じます。

ポリウレタンの黄変

ポリウレタン自体が全くの無色透明ではなく若干黄味を帯びおり、仕上がりの時点で色がほんの少し黄味がプラスされた色になります。

また、ポリウレタンは陽光に限らず、室内光も含む光に反応して徐々に黄変していく性質を持っています。

とはいっても極端に黄色くなるわけではなく、長い年月をかけて微妙に黄味がプラスされる程度。

そう神経質になるようなものでもありませんが、スノーホワイトのような真っ白の色など、カラーリングによっては黄変が目立ちやすい場合もあります。

塗装の際に黄変を防ぐ成分を入れることによって防ぐことも可能ですが、対策をしているかはメーカー・モデルによっても異なります。

ポリウレタン塗装の黄変が気になるという方は、なるべくケースにしまうなど光が当たらない状態で保管した方が良いでしょう。

まとめ

・ポリエステルは短時間で分厚い塗膜を形成できるため、製造コストが安く、安価な入門モデルに多用される。

・ポリウレタンはポリエステルと似た性質を持つが、より薄く仕上げることができ、また柔軟性のある塗膜を形成できる。

音質面ではポリウレタン・ポリエステルよりもラッカー塗装の方が良いというのは否めません。

が、塗料てんこ盛りで鳴りが良いとは言い難いポリエステルはともかく、ポリウレタンは十分塗膜を薄くすることも可能で、音質にそれほど悪い影響は与えません。

黄変に関してはラッカーも色焼けを起こしますからどっこいどっこいと言えるでしょう。

ラッカーはデリケートなので、扱いやすさではポリ系の塗装の方が断然扱いやすいですね。

丈夫で扱いやすく、塗膜を薄くすれば音質面でも悪くはない。

何よりラッカーの様に高価にならずコスパがいいという意味では、ポリウレタンはとても優秀な塗装方法と言えるでしょう。

 

ポチっとシェアして頂けると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL お気軽にどうぞ
http://www.naru-gakki.com/polypaint/trackback/



PAGE TOP ↑