ラッカー塗装の特徴と注意点

ラッカー塗装の特徴

ラッカー塗装

深味がある美しい艶と風格が魅力的なラッカー塗装

今回は高級なギター・ベース・ウクレレなど弦楽器よく使われるラッカー塗装について解説します。

(※ラッカーは管楽器にも使われていますが、今回は弦楽器のお話です。あしからず。)

実はラッカー塗装にはいくつか種類があり、ギター・ベースの塗装に主に使われるラッカーの正式名称はニトロセルラッカーです。

楽器業界ではラッカー塗装といえばニトロセルラッカーで浸透しているのであまり厳密に考える必要はありませんが、ニトロセルラッカーという単語は憶えておきましょう。

豆知識ですが、例えば私達日本人にも馴染みの深い漆もラッカーの一種です。
(実際、モモセギターさんが漆塗りのギターを造っています。か、かゆい。)

ニトロセルロースラッカーの塗装の性質

ニトロセルラッカー(以下ラッカー)塗装は、基材であるラッカーをシンナーなど溶剤で粘度を整え、スプレーガンで吹き付ける塗装方法が一般的です。

吹き付けられた中からシンナーが揮発し、残ったラッカーが塗膜を形成します。

が、シンナーの揮発が非常にゆっくりで一気に吹き付けて厚みを出すと塗膜の奥のシンナーが抜けきれず硬化不良を起こしやすいため、薄く吹いてある程度乾燥・硬化させ、また薄く吹いて硬化させての繰り返し、目的の厚みを形成します。

この様に非常に手間と時間がかかる塗装方法のため、今では高級なギター・ベースにしか使われません

また、溶剤の揮発による仕組みで塗膜を形成しているため、楽器が完成した段階でも塗膜は完全に硬化していません。

実は楽器が完成した後もゆっくりとシンナーが抜け続けて徐々に硬化が進んでいるのです。

そのため、ラッカー塗装の楽器は長い年月をかけて徐々に性質が変化します。

始めは塗膜に柔軟性があり多少傷つきやすいのですが、その分衝撃には強く、打痕は残ってもパリッとは割れにくい性質です。

時間が経って硬化が進むと反対に硬度が増して傷に強くなり、その反面柔軟性が失われ衝撃に弱くなります。

硬化が進むと最終的にはクラック現象と呼ばれるひび割れを起こします。

また、ラッカーは光に焼けて色が飴色っぽく濃くなっていく性質があります。

これらはいわゆる経年変化という現象。

ぷにぷに柔らかいもちもち肌だった赤ちゃんが、歳を取るにつれてカサカサと乾いた肌になっていく…人間の老化現象と似たようなもんだと思えばわかりやすいかもしれません。

ただ、楽器の経年変化はビンテージらしい風格が出るため、人間の老化現象と違いむしろ好意的に捉えられている傾向があります。

管理人もビンテージギターのようにカッコよく歳をとりたいものです。すでにカサカサだけど。

ラッカー塗装の取扱い方法の注意点

ラッカー塗装の経年変化を人間の肌に例えましたが、ぜひ、かっこいいおじいちゃんになってもらえるよう色々と気を遣ってあげたいもの。

しかしラッカー塗装は非常にデリケートで身近なものが致命的なダメージを与えることもあり、注意が必要です。

特に気をつけなければならないのはゴム系の素材アセトンなどの溶剤です。

ギタースタンドに注意!

ラッカー塗装が特に注意しなければいけない素材の筆頭がゴムです。

特にゴムはギタースタンドにもよく使われているので要注意です。

演奏の合間に置くくらいなら問題ありませんが、保管に使う際は必ず楽器がゴムの部分をタオルやクロスなど布で覆ってからつかいましょう。

どれくらいの時間で反応するかは塗膜の状況や環境によっても異なりますが、管理人自身の経験では、夕方にギターハンガーにかけておいたところ、次の日の昼頃にはハンガーに触れていたヘッド根本の部分が若干溶けて変質していました。

条件的には高温・多湿な環境でギターがまだ新しいほど反応する危険が高い傾向があります。

アセトン等の溶剤注意!

他にも、シンナーやアセトンなどの溶剤にも滅法弱いです。

『 溶剤なんて、日常生活でそんなもんないでしょ 』と思われるかもしれませんが、意外とあるんです。

例えば、マニキュアの除光液の主成分はアセトンです。

アセトンは水をも溶かす(!?)なんてスゴイ溶剤なので、硬化していないラッカーなんてイチコロです。

アセトンは塗装後の塗料を洗う時に使われているくらいです。面白い程キレイに塗料が落ちます。手の水分とともに。

ラッカー塗装にアセトンをかけるというのは立派な虐待行為です。
(アセトンは溶剤として本当に強いので、どんな塗装にも当てはまることですけど)

マニキュア好きな女性や爪に美学を持つマニキュア男子のみなさん、愛機の周りで除光液は厳禁ですよ。

このようにラッカー自体は非常にデリケートな塗装です。

ゴムやアセトンの他にもさまざまな素材が反応する危険があり、長時間練習していたらTシャツのプリントがギターの裏にくっついていた、なんて話も聞きます。

ラッカーは塗膜が新しい程不安定で反応しやすく、硬化が進めば進むほどこういったものに反応しにくくはなりますが、気をつけてあげるに越したことはありません。

しかし、この辺りも大人になるにつれて色々なことに鈍くなっていく人間と一緒ですね…(遠い目)

まとめ

・ラッカー塗装は乾燥に時間がかかり製造コストがかかるため高級な楽器でしか使われないが、音響面に優れた塗装法である。

・音響面に秀でている反面、デリケートなため扱いが難しい。特にゴムなど特定の素材に反応するため、注意が必要。

・ラッカーにはいくつか種類があり、ギター・ベースで使われるのは主にニトロセルラッカー。

近年では高級なギター・ベースでも極薄のポリウレタン塗装を採用したモデルも増えていますし、ラッカー塗装とポリ塗装をパッと見で見分けるのは難しいのですが、長く大切に使っていくためにも自身の楽器がポリ塗装かラッカー塗装かは把握しておきましょう。

「 せっかく高いギターを買ったのに、スタンドに置いただけで塗装が… 」なんてあるあるな話です。

楽器屋の店員を目指すみなさん、ラッカーの塗装楽器を販売した際は必ずラッカーはデリケートな素材で特にゴムなどの素材に反応しやすいという点は説明しておきましょう。

ちなみに、いつの間にかラッカー塗装は音がいいみたいな話になっていますが、長くなってしまったのであえてその説明は省いています。

詳しくは次回説明しましょう。

下記関連記事から詳しくご覧いただけますので、ぜひ併せてお読みになってください。

 

ポチっとシェアして頂けると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL お気軽にどうぞ
http://www.naru-gakki.com/lm-lacquerpaint/trackback/



PAGE TOP ↑