【初心者向け】超簡単!アコースティックギターの弦交換方法

アコギ…というかフォークギターの弦の張り替え方

アコースティックギター弦色々

エレキギターとはちょっと勝手の違うアコギの弦交換

今回はアコースティックギター(以下アコギ)の弦交換の方法を解説します。

ブリッジの周りの対処ペグ側で弦を残す長さがエレキギターとは違うので、エレキギターの経験者の方でも注意が必要です。

アコギ弦交換のポイント

ポイント1
弦を外すために切る時は完全に緩めてから!
ポイント2
弦をブリッジに入れるとき、ボールエンド辺りを軽く曲げる!
ポイント3
弦をペグに巻くのはペグポスト2周~2周半程度!

弦交換で必要なもの

・替え弦 / ・ニッパー / ・ワインダー

ワインダーは必須ではありませんが、あれば作業にかかる労力と時間を大幅に短縮できます。

替え弦の選び方は以前解説しています。下記リンクよりどうぞ。

 

手順1 古い弦を取り除く

まずブリッジピンを抜いて古い弦を取り除くため、作業しやすいように適当なところで弦を切るところがスタート。

弦を切る前に、必ず先に弦を緩めてください。

金属製ゴムパッチンみたいなもので、緩めずに切ると反動でアナタの手や顔に襲いかかるくることも。

当たったらミミズバレは確定、目に当たろうものなら…

危険なのは人だけではなく、テンションがかかった状態の弦をいきなり切るとその反動が楽器本体にもダメージを与えます。

特にアコギはボディートップの板も薄い上にネック材のマホガニーも強度に優れているとは言えません。

必ず弦を緩めてから取りかかりましょう。

弦を適当なところで切ったら、続いてブリッジピンを抜きます。

アコギのブリッジピン(よくみたらブリッジ割れてる…)

ブリッジピンを取る際にピン抜きやニッパーなどをを使うのも有りですが、ブリッジやピンにキズを残す危険があるためあまりおススメはしません。

ギターのボディー内側から上に押し上げてやれば簡単に取れてオススメです。

別途詳しく解説していますので、うまくピンが抜けない方、傷をつけそうで怖い方は、下記リンクよりどうぞ。

 

手順2 ボールエンドをブリッジに固定する

続いて弦を張るためブリッジにボールエンド(弦の先についている丸いの)を差し込み、ブリッジピンで固定します。

ここでも注意点があります。

これがアコギの弦の張り方の中でこれが一番大事なコツです。

【最重要】ブリッジに弦を挿し込む時のポイント!弦を折る!

アコギの弦交換-ボールエンドの部分を折る

こんな感じで先に折っておくとピンが弦に引っ張られて抜けることがありません

弦をブリッジに弦を差し込む前に、ボールエンドから5mm~1cm程度のところをくの字に折り曲げましょう。

曲げずに弦を巻くと、ブリッジピンが弦に引っ張られてそのまま抜けていきます。

ちゃんと弦を張ったつもりなのにチューニングしていくとピンが抜けてくる or 浮いてくる場合、入れ方で失敗しています。

たまに曲げずとも抜けないこともありますが、使っているうちに弦とともにピンがはじけ飛んでしまう可能性もあり危険です。

なぜ弦を折っておかないといけない?

アコ弦張り替え-NGパターン

アコギの断面図。アコギの弦はこのように固定されていると思われがちだが、実は間違い。

正しいアコ弦の張り方-ブリッジへの入れ方

アコギの弦がブリッジに留まっている原理。これが正しい弦の張り方。

アコギの弦はブリッジピンで押さえていると思っている方、多いかと思いますが、これが間違い。

アコギの弦はチューニングした状態で70kg前後のテンションがかかっています。
(詳しくは- ギター・ベースの弦は緩めておくべきか!? -を参照)

単純計算でも一本当たり10kg以上の力に、ただ押し込んだだけのブリッジピンが耐えられるわけがないのです。

しかし弦のボールピースを曲げておくことで、引っ張られる力の向きが変わって抜けなくなります。

(コツをつかめば折らなくてもうまいこと入れられるように)

ペグで弦を巻く前に、もう一つ注意点

ブリッジに弦を入れる際に、無駄に長めに入っていることがあります。

この状態でペグを巻くと、長めに入った分が出てきてしまいペグポストに巻く長さが適切でなくなってしまいます。

弦を引っ張りながらブリッジピンを入れて遊びを解消しておきましょう。

3弦から6弦までの巻き弦はガリガリって若干嫌な感触がするかもしれませんが、気にしなくて大丈夫。

なお、ブリッジピンや穴の大きさは結構適当で弦の太さも違うため、ピンの飛び出方は多少バラツキがあっても問題ありません。

手順3 弦を張る!

いよいよ弦を張っていきましょう。

弦の巻き方が悪いとテンション異常により弦の振動が不安定になって音程が悪くなったりビビりが出るようになってしまいます。

初心者がはまりがちな罠が弦をまるまるそのまま全部巻いてしまうこと。

ペグポストで弦が下に向かって2周前後で巻くのが正しい張り方で、そのためには弦を切る必要があります。

ペグに弦を巻く長さの目安

アコギの場合弦を張ろうとするペグより、先のペグ1個~1個半程度の距離の長さが、ペグポストの2周程度の目安です。

アコギ弦交換_弦の長さ目安

もしくは弦をペグに向かってピンと張った状態から、ナット~1フレット分ほど戻した辺りから巻き始めるのも目安の一つ。

目安の部分を折ったらペグポストの穴に引っかけ、外れないように下へ下へと巻いてしまいましょう。

※本当は弦の太さなどにより最適な残す長さは違うので、慣れてきたら少しずつ調整してみましょう。

なお、今回はシンプルにペグポストの下方向にのみ弦を張るやり方で解説しています。

弦を入れた穴の上にも一周して挟みたい場合はその1周分長めにとります。

弦を張る向き

アコギの弦を張る向き

弦を巻く向きは画像のようにヘッドの内側から外側へ向かう形で巻きます。

反時計回りに回せばOK。

結構なペグを回す必要があるので、ここでワインダーがあると非常に楽です。

巻き終わったら余った弦は切っておきましょう。

手順4 仕上げに弦を伸ばす

張りたての弦は柔らかいためかなり伸びやすく、すぐに音程がズレてしまいます。

弦を引っ張って伸ばし、ある程度チューニングを安定させます。

この時弦をチョーキングして伸ばす方が多いのですが、フレットの摩耗につながるのであまりおススメしません。

真上に向かって垂直に引っ張った方がフレットに優しいのでオススメです。

各弦、12フレット辺りで3センチ程度上に引っ張るのを2,3回ほど繰り返すと、伸びがある程度落ち着きます。

アコギの弦交換方法 まとめ

・弦を取り除く際、弦を切る前に必ず弦を緩める!

・ブリッジピンに垂直の力が加わらないように、ブリッジには弦を折ってから入れる!

・弦は適切な長さで張る!ペグでの弦の適切な巻き数は2回転~3回転程度(ペグ1.5個分 or 1フレットの長さ)

アコギ弦の張り換え方で最も重要なポイントは上記の3点。

なんだか難しいようですが、慣れてしまえば大して難しいこともありません。

慣れてくれば弦が張ってある状態から5分くらいで弦交換ができるようになります。

弦は消耗品。弦交換はアコギをやる上ではどうしても避けられない最低限のメンテナンスですので、ぜひマスターしてください。

 

ポチっとシェアして頂けると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

  1. 【トラックバック】[…] 【初心者向け】アコースティックギターの弦交換! | なる楽器弦交換のやり方のページはたくさんありますが、ここがわかりやすかったです。 […]

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL お気軽にどうぞ
http://www.naru-gakki.com/fgstrings-exchange/trackback/



PAGE TOP ↑