初心者にオススメのクラシックギター弦

初心者さんはとりあえずコレ!ってクラシックギター弦

詳しいクラシックギター弦の選び方は置いといて「 細かい話はいいからコレ買っとけば間違いないオススメ弦を教えろ!

ってなせっかち方やお忙しい方もいらっしゃるでしょう。

そんな方向けに、初心者にオススメの無難なクラシックギター弦をお教えします。

オーガスチンクラシックギター弦赤セット

ズバリ、初心者に最もオススメなクラシックギター弦は定番中の定番、

AUGUSTINE(オーガスチン)の赤パッケージのREDセットです。

AUGUSTINEはナイロン弦の元祖ともいえる長い歴史を持つブランドで、今日でもクラシックギター用弦の定番として君臨しています。

中でもREDパッケージは最も一般的なナイロン弦・レギュラーテンション仕様。

実際のところ、大抵のクラシックギターは工場出荷時の弦ではナイロン素材のレギュラーテンションのものが張られています。

何がなんだかちんぷんかんぷんって方でも、これに張り替えておけばとりあえず間違いありません。

他にはD’Addario(ダダリオ)のPro-ArteシリーズのEJ45も定番ですね。

若干のタッチや音色の違いはありますが、オーガスチンと同じくナイロン弦・レギュラーテンションで特にクセがなく、初心者でも特に問題なく使えるでしょう。

オーガスチンとダダリオどちらがいい?

2つ紹介しておいてなんですが、個人的な見解でサックリ言ってしまうと、初心者にはダダリオのPro-Arteよりオーガスチンの赤パッケージがオススメです。

単純に、知らない方でも選ぶ時に間違えにくいことが理由。

音とか感触の違いは単純に好みですから、ゆくゆく慣れてきて色々試せばいいとして…

ダダリオの弦は似たパッケージでフロロカーボン素材のEJ45FFだったり、コーティングしたEXP45だったりいっぱいあるんですよね。

パッケージも似ているので結構間違えがちです。

その点、オーガスチンは赤いパッケージのものは1つしかありません。

オーガスチンの赤いパッケージ 」と憶えておけば間違えることはまずないょう。

同クラスの弦なのにオーガスチンの方が若干安いのもポイント高いですね。

ちなみに、オーガスチンもダダリオも2015年前後にパッケージ変更がありましたオーガスチンはパッケージの素材がビニールから紙に変わっただけでパッケージのデザイン自体は変わっていません。

まとめ

・クラシックギター初心者は替え弦はオーガスチンの赤パッケージのものを買っておけば間違いなし!

要は素材が一般的なナイロンで、レギュラーテンションであればOK。

中でも最も定番で無難、わかりやすくて間違えにくいのがオーガスチンの赤パッケージ!ってわけです。

値段はクラシックギター弦の中では安い部類で、品質が悪いんじゃないかと不安を憶える方も時々いらっしゃいます。

が、これは単純に他の弦が巻き線に銀を混ぜたるなどの差別化のために高いってだけで、オーガスチンのREDパッケージやダダリオのEJ45が安かろう悪かろうってわけではありません。

ベーシックな分クセがなくて扱いやすいですし、違いもよくわからないのに高い弦を使っても意味はありませんから、初心者はある程度慣れるまでオーガスチンの赤セットを使うとよいでしょう。

 

ポチっとシェアして頂けると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL お気軽にどうぞ
http://www.naru-gakki.com/bgcg-strings/trackback/



PAGE TOP ↑