SHURE SM58、SM57が定番として愛される理由

定番ダイナミックマイク SM58とSM57が愛されるワケとは?

SHURE-SM58

世界的に超定番となっているSHURE社のダイナミックマイクSM58とSM57。

この二つのマイクは、プロ・アマチュアを問わず広く愛されています。

もちろんその素直で実直なサウンドも愛される理由の一つですが、実はそれだけではありません。

今回はSM58とSM57が定番として愛されている理由に迫ります。

並大抵ではない堅ろう性と耐久性

SM58とSM57が愛される理由は、まずその比類なき堅ろう性と耐久性が挙げられます。

みなさん、見たことあるのではないでしょうか。ボコボコにへこんでしまったSM58を。

しかし、どんなにボッコボコでも、外装がぼろっぼろでも、きちんと音が出ていたことでしょう。

特にスタジオやライブハウスではみんな備え付けのものを使いますから、結構扱いが雑なんですよね。

スタンドを倒して凹ますわ、ケーブル持ってマイクブンブン振り回すわ…

それでもそうそう壊れないすばらしき耐久性を備えているのです。

特性の個体差の少なさと信頼性

実はダイナミックマイクの構造はかなり単純なものとなっています。

SM58やSM57も何か特別なことはしておらず、至ってシンプルなダイナミックマイクの構造を踏襲しています。

しかし、そのシンプルさゆえにコピーしやすい弱点もあります。

実際にSHUREのSM58やSM57のコピーで安いものも普通に販売されていて、安い割によくできているものも多いです。

ではなぜ、安いものに切り替わらずSHUREのSM58と57が愛され続けるのか。

それはSM58とSM57の特性の個体差の少なさです。

プロの現場ではちょっとした個体差が、せっかく造りこんだセッティングが崩れかねません。

特に大きな会場の場合はマイクで拾った音がかなり大きく増幅されて流れますから、ちょっとした誤差でも大きくバランスが崩れてしまうのです。

その点、特性の個体差の少ないSM58やSM57であればどんな現場でも扱いやすいワケです。

しかもオペーレーター自身も歌手や奏者もSM58やSM57に慣れていますから、全般の信頼性はバツグンですね。

その上、多くのPA機器もSM58やSM57の使用をモデルケースにして設計されていることも、SM58、SM57兄弟の信頼性が上がる要因の一つになっています。

まとめ

・SM58とSM57が愛された最大の理由は、その堅牢性と特性の均一さによる信頼性の高さにある

SM58とSM57がこれほどまでに愛されている最大の理由はつまるところ、信頼性の一言に尽きます。

その並大抵ではない耐久性と堅ろう性、そして特性のバラつきの少なさと、いつも使っている安心感

これらが総合して、ここまで愛されるマイクになったのです。

あんまり褒めてばかりだと説得力なさそうなのでここらで本記事の信頼性が上がりそうな豆知識を一つ披露しましょう。

SHURE SM57は1965年の発売以来、代々アメリカ大統領の演説用マイクとして使用されています。

ほうら、なんだかすごそうでしょう…?

他にも優れたダイナミックマイクはありますし、よりハイエンドなボーカルマイクや楽器用マイクを使う方もたくさんいらっしゃいます。

当のSHUREからもSM58やSM57をより昇華させたBETA 58やBETA 57などのアップグレード商品も出ていますし。

しかし、SM57とその翌年の1966年に発売されたSM58は、およそ半世紀が経った今でも定番として君臨しています。

これからよほどの技術革新でもない限り、もうSHURE SM58とSM57の定番マイクの牙城が崩れることはないでしょう。

もし技術革新があったとしても、その技術革新に乗っかった新しいSM58とSM57が定番として君臨するだけだと思いますけど。

 

ポチっとシェアして頂けると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL お気軽にどうぞ
http://www.naru-gakki.com/why-sm58_sm57/trackback/



PAGE TOP ↑