音叉を使ったウクレレのチューニング方法

ウクレレのチューニングについて

楽器屋店員のたしなみ 音叉チューニング(ウクレレ編)
今回は音叉によるウクレレのチューニングについて解説します。

楽器屋の店員たるもの、やはりウクレレもパシッとスマートにチューニングしたいもの。

しかし、楽器店の店員でもウクレレの経験者って意外と少ないんですよね。

それでいて大抵アコースティックギターなんかと一緒並んでいて、ギター経験者が担当することになったりしますが、ウクレレは形はアコースティックギターを小さくしたようなものではあっても、弦は4本しかないし、チューニングの音程も全く異なります。

アコースティックギターのチューニングはE-A-D-G-B-E(6弦側からミラレソシミ)で、ウクレレはG-C-E-A(6弦側からソドミラ)。

チューナーを使えばいいような気もしますが、ウクレレに適したモードを搭載したチューナーは少ないのが現実です。

クロマチックチューナーを使えば問題なくチューニングできますが、それでも音は憶えていないとどうしようもないですし、いざという時にチューナーがないと手間をとってしまいます。

基本技術として、ウクレレも音叉でチューニングできるようになっておくといいでしょう。

 

 

音叉によるウクレレのチューニング

音叉でのウクレレのチューニング

手順

  • ① 1弦開放弦を音叉の音に合わせる。 (1弦)
  • ② 2弦5Fの音を1弦の開放弦に合わせる。(2弦)
  • ③ 3弦4Fの音を2弦の開放音に合わせる。(3弦)
  • ④ 4弦2Fの音を1弦の開放弦に合わせる。(4弦)

解説

ウクレレの場合はハーモニクス音でのチューニングはあまり一般的ではなく、フレットを押さえて弦同士の実音(異弦同音)によるチューニングが一般的です。

また、チューニングの音程自体が音叉を使う場合はギターとはまた別の手順でのチューニングとなります。

(4弦については音叉の音に1弦を合わせた時点でいつでもチューニングが可能なので、順番的には他の弦より先に合わせてしまっても構いません。)

ウクレレはサステインないため音切れが早く、ストレートペグの場合感覚に多少慣れが必要なのでギターの経験者でも最初は若干手間取ると思います。

音叉を使う場合はまずはどことどこのポジションでそれぞれの弦が同じ音になるかをきちんと憶えて、数をこなして慣れましょう。

ポチっとシェアして頂けると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL お気軽にどうぞ
http://www.naru-gakki.com/ukulele-tuningfork-tuning/trackback/



PAGE TOP ↑