シングルコイルP.Uとハムバッカーの違い

シングルコイルピックアップとハムバッカーのサウンド・特徴と違い

シングルコイルP.UとハムバッカーP.U

左がハムバッカー(カバードタイプ) 右がシングルコイルP.U

ストラトキャスターやレスポール、ジャズベースなど、エレキギターやエレキベースではマグネティックピックアップというタイプのピックアップマイクが使われています。

そしてこのマグネティックピックアップは大きく分けて『 シングルコイルP.U 』『 ハムバッキングP.U通称ハムバッカー)』の二つの種類があります。

何かと議論になりがちですが、好みや出したい音に対するの向き・不向きもあるためハムバッカーとシングルコイルのどちらが優れているとは一概には言えません。

しかしながら、まずはその特徴と違いがわかっていなければ好みも何もありません。

よくわかっていないという方はこの機会に憶えちゃいましょう。

シングルコイルP.U

ピックアップ
シングルコイルP.UはマグネティックP.Uの中でも最も基本的でシンプルな構造の物です。

弦の振動を音の信号に変える電磁誘導作用を起こすための磁石とコイルが1セットになっています。

形はストラトキャスターなどに乗っている一般的なものと異なりますが、ギブソン社がハムバッカーP.Uを開発するまでレスポールに搭載していたP-90も構造としてはシングルコイルP.Uに属します。

シングルコイルP.Uのサウンド

シングルコイルP.Uは歯切れがよく明るいサウンドが特徴です。

サウンドが低音よりでウォームになりがちなハムバッカーに比べ、輪郭がはっきりとした粒立ちの良い硬めの音も作りやすいのが特徴。

また、弦とピックが触れた時のアタック音がハッキリするためピッキングの強弱を伝えやすく、繊細なニュアンスも表現しやすい素直さを持っています。

軽快なカッティングプレイや、クランチなど軽くナチュラルな歪みによく合うサウンドキャラクターです。

しかしながら、構造上ハムバッカーに比べパワーがなく、ハムノイズに弱いのが弱点。

ハムノイズとは家庭用電源や蛍光灯などに由来する様々な電気的なノイズです。

シングルコイルピックアップはこのハムノイズをそのまま拾ってしまうため、音を深く歪ませると音圧とともにノイズが大きくなってしまうという弱点があります。

ハムバッキングP.U(ハムバッカー)

ハムバッカーP.U

ハムバッカーP.UはシングルコイルP.Uを二つ並べて一つにした構造。右はカバードタイプ。

1956年頃、ギブソン社によって開発されたP.Uで、構造的にはシングルコイルP.Uを二つ並べて一つにまとめた形状をしています。

その構造上ダブルコイルピックアップとも。

一般的に発音上は『 ハンバッカー 』と発音しますが、原語がHumbackingであるため記載上はハムバッカーです。

ハムバッカーの特徴

ハムバッカーはシングルコイルP.Uに比べ出力が高い=パワーが強く、ハムノイズに強いということが最大の特徴です。

コイルが2つなので単純計算で出力はシングルコイルの倍ほどあります。

(※音量はアンプ他様々な回路で調整するため実際に音量が倍になるわけではありません)

同時にノイズもハムバッカーの二つのコイルにそれぞれ入ってくるのですが、片方のコイルだけノイズを反転させるように配線がなされており、ノイズを打ち消して減少させています。

ハムバッカーのサウンド

音の傾向としては、シングルコイルP.Uとはキャラクターが真逆です。

どちらかと言えば低音よりで柔らかくウォームなサウンド。

また、前述の通りパワーがあるので歪ませやすく、ノイズにも強いため深い歪みのサウンドを作りやすいのも特徴です。

反面、軽く明るいサウンドを作るのは苦手です。
<h2シングルコイルP.Uとハムバッカーの一番の違いはハムノイズの差

両者の違いは前述の通りサウンドにも出てきますが、そこは好みもありますし、上記で十分でしょう。

やはりシングルコイルP.Uとハムバッカーの違いが最も明確に出ているのはハムノイズの面

ハムバッカーは前述の通り、二つのコイルで同じ形のノイズの信号を正反対の形で合わせるため、打ち消し合ってノイズが減少されます。

適当な数字ですが、一つのシングルコイルで拾う音の信号がの大きさが10、ハムノイズが2だと仮定してみましょう。

ハムバッカーの場合、音の信号はコイルが二つなので「 10+10=20 」となります。

ノイズは片方が反転しマイナスになるので「 2+(-2) 」、つまり「 2-2=0 」で打ち消してしまう、というイメージです。

・二つのコイルの位置が横にずれている点

・コイルの巻き数の誤差やポールピースの磁力など個体差による微妙な出力差

・ピックアップとは関係ない場所で拾うノイズ

などの影響により現実には二つのコイルで拾ったハムノイズが全く同じ信号にはならず完全に排除はできません。

しかし、例えハムバッカーがハムノイズを消し切れず1残っていたとしても、シングルコイルのに残っているのは元のままの2のハムノイズです。

その上ノイズの大きさを計る考え方にS/N比(サウンド / ノイズ比)というものあります。

ざっくり言ってしまえば、音の信号に対してノイズの信号の大きさがどれくらいあるかによってノイズの音がどれだけ目立つかという考え方ですね。

この場合、ハムバッカーは音:ノイズが20:1で、シングルコイルは10:2ということになります。

仮にシングルコイルの音の信号をハムバッカーと同じく20にするために増幅した場合、ノイズも同じ比率で増幅されて4になります。

同じ音の信号の大きさでノイズが 0.5 と 4 では大きな開きですよね。

数字に関しては一例としてかなり適当に出したもので、別段シングルコイルのノイズがハムバッカーの8倍ひどい、というわけではありません。

また、ノイズを打ち消してくれるからといって必ずしもハムバッカーの方がシングルコイルよりもいい音というわけではありません。

どんな音がいいかは音を造りたい本人の好みによるものですから。

そうでもなければシングルコイルP.Uは全て駆逐されてハムバッカーだらけになり、更に技術が進歩した今日では世の中のピックアップは全てハムバッカーになっているか、むしろ全てデジタル処理になってしまっていたはずです。

音の良し悪しではなく、あくまでも電気的な知識としては両者にはこのように差があると憶えて置くと良いでしょう。

まとめ

シングルコイルP.U

  • 高音よりで硬めの粒立ちのハッキリしたサウンド
  • アタックがハッキリしていおり、ピッキングに素直に反応する。
  • 軽快なカッティングやクランチに向いたキャラクター

ハムバッカー

  • 低音よりの柔らかくウォームなサウンド
  • パワフルで、クリーンサウンドでも存在感がある。
  • ノイズに強いのでヘヴィーに歪ませるにも向いている。

ただし、これらはあくまで傾向であって、『シングルコイルP.Uではヘヴィな音は全く出せない』『ハムバッカーではカッティングできない』わけではありません。

もちろんピックアップごとのモデルによっても違いますし、ボディーの材や弦の太さ、セッティングなど他の要因によっても変わります。

あくまで一般的にはそういった違いや傾向がある、と憶えておいてください。

 

ポチっとシェアして頂けると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL お気軽にどうぞ
http://www.naru-gakki.com/single-humbackingpu-difference/trackback/



PAGE TOP ↑