【超基礎知識】色々な音名表記

色々な国の音名表記を知ろう。

楽器をやっていると言う方で、ドレミファソラシ、という音の名前を知らない方はさすがにいらっしゃらないでしょう。

というか、楽器の経験や音楽理論の知識がなくても、小学校の音楽の授業を真面目に聞いていればご存知のはずです。

実は音名にはドレミファソラシ以外にも色々な表記があります。

今回はこのドレミファソラシというカタカナ以外の表記方法について解説します。

「 楽器店のスタッフになりたいってだけで、音楽理論には興味ないよ~ 」という方、今回紹介する表記は楽譜やチューナーなど色々なところに使われているところも多く、それこそドレミファソラシドと同じレベルの常識。

音楽に関わる業界に身を置くものとして知らなければ恥ずかしいレベルです。

以下の画像と解説を読んで、ぜひ憶えておいてください。

色々な国の言葉での音名表記

楽器業界にいるとよく見かけることができる音名の表記

イタリア語表記

私達日本人が『 ドレミファソラシド 』として慣れ親しんでいる表記は、実はイタリアの表記を元にしたもの。

その語感がシンプルで親しみやすいこともあり、世界的にも一般的な音名の表記法の一つです。

日本語表記

ドレミファソラシドをそれぞれいろは歌の『 ハニホヘトイロハ 』にあてはめた表記です。

以前の名残りで『 ハ長調 』『 イ単調 』など調を表す言葉として今でもよく使われていますが、音名を表す用途としてはあまり使われていません。

アメリカ / イギリス式(アルファベット表記)

アメリカ / イギリス式と書きましたが、要は英語圏のアルファベット表記ですね。

このC~Bがそれぞれドレミファソラシにあてはまります。

コードもアルファベットで表記されるので、ピアノやギター、ウクレレなどの弦楽器をやっている人にも馴染み深いのではないでしょうか。

実際に楽器をやるにあたっては、アルファベット表記のC-D-E-F-G-A-Bが最も一般的です。

コードなんかもそうですし、楽譜やチューナーもアルファベットで表記されますよね。

よく使われる表記ですので、このC-D-E-F-G-A-Bがそれぞれどの音を表しているかキッチリ憶えておきましょう。

ドイツ語表記

上記アルファベットとも似た表記ですが、読み方・発音とラの表記が違います。

英語表記の場合はC-D-E-F-G-A-Bをそのまま シー・ディー・イー・エフ・ジー・エー・ビー と読みます。

これに対し、ドイツ語表記の場合はC-D-E-F-G-A-Hで、最後の シ が BではなくHになっています。

そして、読み方は『 ツェー・デー・イー・エフ・ジー・アー・ハー 』となります。

アルファベット表記とドイツ語表記・読み方

ファ
英語表記 C D E F G A B
英語読み シー ディー イー エフ ジー エー ビー
ドイツ語表記 C D E F G A B
ドイツ語読み ツェー デー イー エフ ゲー アー ハー


特にアルファベット表記とドイツ読みがよく使われます。

「 ドイツ語の言い方なんて憶えてどうするんだ・・・ 」なんて思うかもしれませんが、これが意外と重要。

特にオーケストラや吹奏楽界ではドイツ語での表記・発音が一般的に使用されています。

歴史的に、ドイツ語圏であるオーストリアで音楽が盛んだったためでしょう。

※この記事を書いた後、ドイツ表記・発音とイタリア表記・発音の両方が使われている理由・使い分けがわかりました。
記事に起こしましたので、気になる方は上記リンクより是非お読みになってみてください。

そして、楽器業界ではこのドイツ語表記と読み方が数字を表す隠語として業界用語にもなっています。

下記記事からご覧いただけますので、特に楽器店のスタッフになりたい方はドイツ語表記の読み方もぜひ憶えておきましょう。

なお、ドイツ語ではEは本来 エー と発音しますが、何故かEだけは英語と同じ イー と発音します。

また、ドイツ語表記のC-D-E-F-G-A-Hではなくアルファベット表記のC-D-E-F-G-A-Bで記した場合でも、読む時はそれぞれ『 ツェー・デー・イー・エフ・ジー・アー・ハー 』と読む人も多くいます。

厳密に言えば間違っているのでしょうが、それで意味は通じていますし、あまり気にしなくて大丈夫でしょう。

まとめ

・音名には ドレミファソラシ 以外にも色々な国の言葉での表記方法がある。

・日本語表記は音名を表す場合にはあまり使われないが、調を表す言葉としては今でもよく使われている。

・英語表記はコードの表記などでよく使用される。

・特にドイツ語読みはオーケストラや吹奏楽系でよく使用される。

以上です。

特に英語とドイツ語の表記・読み方は楽器を演奏していると何かとよく出てきます。

日本語表記も『 ハ長調 』『 イ短調 』など調を表す際に頻繁に使われます。

また、ある程度本格的に演奏をしているお客様ですと、

「 ツェーの音が少し吹きづらいから調整してください 」「 解放弦を弾くとB音がビリつくんですよね 」

などと言ってくることも多々あります。

英語表記とドイツ読みは本当によく使われますので、最低限これらについてはわかるようにしておきましょう。

作曲レベルの音楽理論まで理解する必要はないにしても、楽器屋のスタッフとしては最低限お客様が何を言っているのかくらいはわからないとお話になりませんので、ぜひ憶えておいてください。

※なお、今回はあくまでも楽器店での日常会話で支障がないよう、それぞれの音の名前の表記方法と読み方について解説しました。

音階だとかなんだとか小難しい話になってしまうと管理人がオーバーヒートしてしまいますので、ご勘弁を・・・

 

ポチっとシェアして頂けると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL お気軽にどうぞ
http://www.naru-gakki.com/pitch-names/trackback/



PAGE TOP ↑