レスポール・SGのスイッチの使い方と基本的なコントロール

ギブソンの定番エレキギターレスポールとSGのコントロール

今回はGibsonのエレキギターの代表作ともいえるレスポールとSGのコントロールについて解説します。

基本中の基本のコントロールの一つですから、ぜひマスターしておきましょう。

セレクタースイッチ2つのピックアップ

レスポールのピックアップとセレクタートグルスイッチ

レスポールのスイッチとピックアップの対応

レスポール・SGのセレクタースイッチには大型のトグルスイッチが採用されています。

トグルスイッチは上・真ん中・下の3段階に動き、ギターを構えた状態で

・(RHYTHMと書かれた側)上に傾ければフロントピックアップ

・(TREBLEと書かれた側)下に傾ければリアピックアップ

・どちらにも傾けず真ん中で立てれば、フロントリアの両方のピックアップを出力

の状態になります。

バニラ味・チョコ味・ミックスのソフトクリームみたいなもんと言えるでしょうか…違うか

リアピックアップがブリッジ側のピックアップで、フロントピックアップがネック側のピックアップです。

2つのボリュームと2つのトーンの役割

レスポールのトーン・ボリュームコントロール

レスポールの2つのボリュームとトーンの役割

レスポール・SGは2つのピックアップそれぞれにボリュームとトーンが対応する2ボリューム2トーンの構成。

その配置は

・ギターを立てた状態で左側二つのノブがフロントピックアップのコントロールで、上がボリューム・下がトーン

・右側二つのノブがリアピックアップのコントロールで、上がボリューム・下がトーン

2ボリューム2トーンはピックアップごとに音量を設定できることが特徴ですね。

片方のボリュームはゼロにしておき、もう片方のピックアップからは音が出る状態で音を出しながらセレクタースイッチをカチャカチャと上下して音を断続的に出したり消したりするマシンガン奏法が可能です。

この点がマスタートーン・ボリュームとの違い。

なお、ミックス時はどちらかのボリュームが0だともう一方のボリュームが10でも音がでません

時折不良や故障かと問い合わせされる方がいらっしゃいますが、そういう仕様の配線になので安心してください。

トーンに関してはどちらかがゼロになっていても音が消えることはありません。

まとめ

・2つのピックアップにそれぞれボリュームとトーンがつく2ボリューム・2トーンコントロール構成

・リアかフロントのどちらのピックアップを使うか、もしくはミックスで両方を使うかをトグルスイッチで選択する

このタイプのコントロールはレスポールやSGなどギブソン系のギターだけでなくFenderのテレキャスターカスタムに使われたりと意外と色々なギターで見かけるコントロールです。

近頃はピックアップセレクターにマスターボリューム・マスタートーンだけのシンプルなコントロールのギターが増えてはいますが、レスポールが廃れない限りこのタイプのコントロール・配線が使われなくなることはないでしょう。

 

ポチっとシェアして頂けると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL お気軽にどうぞ
http://www.naru-gakki.com/lpsg-control/trackback/



PAGE TOP ↑