楽器業界の歴史に名を残したけいおん!ブーム

けいおん!ブームと楽器屋店員としての思い出

楽器が売れまくったけいおん!ブーム

楽器業界の歴史に名を残したアニメけいおん!

けいおん!といえば2009年4月から始まったゆるふわ日常系の軽音楽部アニメ。

これが流行りに流行って大ブームになり、作中で登場した楽器が売れまくって楽器屋はプチバブル状態でした。

そうしてけいおん!ブームは楽器業界の歴史の一つとして、その名を刻んでいます。

売れまくったムスタングと左利き用ジャズベース

JenderJAPAN_けいおん!澪モデル_JB62_LH_3TS

けいおん!人気キャラ秋山澪の愛機 JB62/LH 3TS

管理人、もはや騒動と言っても良いレベルだったけいおん!ブームで一番ウハウハだったのは神田商会じゃないかと思うんです。

なにせ人気キャラクターのあずにゃんと澪ちゃんがFenderJAPANのエレキギターとベースを使っていたのですから。

それぞれMG69/MH CAR(キャンディアップルレッド)JB62/LH BLK(ブラック)を使用。

主人公である唯の愛機であるギー太も決して人気がなかったわけではないんですが、本家Gibsonのレスポールなもので高価。

その点、FenderJAPANのムスタングと左利き用ベースは数万円ですから、まだ手が届くお手頃価格っちゃお手頃価格ですよね。

そんなこんなでMG69/MH CARとJB62/LH BLKは爆発的な売れ行きをみせ、一時製造が追いつかないほどでした。

JB62/LH BLKに関してはたった1か月で1年分の売れ行きだったそう。

レフティーのベース(ギターもだけど)なんて、正直そこまで売れないんですよ。

左利き用って右利き用よりちょっと高いしバリエーション少ないし、結局両手使うから左利きの人が右利きを使ったって問題ないし…

それが一点集中で売れてしまい工場の生産計画すら変えてしまうほどのブームだったわけです。

しかも作中であずにゃんが使っていたアンプ SD-15CEもFenderJAPAN製品で、これもそれなりに売れていました。

(そうして売れた左利きジャズべとムスタングの大半はただのコレクションアイテムと化していると思われますが…)

出まくって売れまくったコラボ商品

けいおん!スペシャルバージョン_Vox_amPlug第三弾

数量限定で発売されたけいおん!amPlug第三弾

売れまくったのは劇中で出てきた楽器ばかりではありません。

劇中では登場していませんが、けいおん!とコラボしたの楽器・周辺機器がたくさん出て、これまた売れまくりました。

代表例は各キャラクター仕様のギター・ベース用ヘッドフォンアンプVOX amPlugですね。

唯モデル、あずにゃんモデル、澪モデルがラインナップされ、第3弾まで用意されて全9機種も発売されました。

他にはピック律モデルのドラムスティックやら、果てには唯モデルのカスタネットまで…

劇中で主人公の唯がカスタネットを叩く妄想をするシーンがあり、たったその数秒登場したカスタネットをコラボ化した商魂たくましい商品ですね。

どれも一応実用性はあったのですが、前述のベースやギター本体同様そのほとんどは楽器としては使われず、コレクションアイテムと化したものと思われます。

管理人的けいおん!ブームの思い出

けいおん!関連で印象的なエピソードがあったので一つご紹介しておきましょう。

まだけいおん!が流行り始めたばかりの頃、管理人は現役の楽器店店員としてお茶の水にある店舗で働いていました。

(管理人、当時本当は新宿店のスタッフだったんですけど、一時的なヘルプで)

けいおん!ブームなんてつゆ知らず、「やたら左利き用のベース売れてんなぁ」なんてぼんやり思いながら、売れてしまったJB62/LHを補充すべく新しいものを用意していたんです。

で、新しい個体を箱&緩衝材の白い袋から出してネックが反ってないかを軽くチェックしていた時、後ろからお客様に声をかけられまして。

「それください」

( д) ゚ ゚

その時には既に楽器店で働いて数年経っていましたけど、さすがに補充の途中で値札もつける前に売れたのは後にも先にもない初めての体験でした…

(彼は果たしていくらなのかわかっていて購入したいと言っていたのだろうか)

その後、けいおん!ブームを知り納得。

お茶の水自体楽器の街として有名ですし、単純に秋葉原から近いんですよ。

JR中央・総武線で1駅、なんなら歩いても余裕なレベルです。

アニメの街がすぐ隣なんですから、そりゃー売れるわーと後になって納得したものです。

そのほかにも赤レスポールとムスタングを揃いで買うカップルがいたりと、けいおん!ブームの凄さはまさに筆舌につくしがたいものでした。

まとめ

なんだか山なしオチなしなお話で申し訳ないのですが、ともかくけいおん!ブームはすごかった!ってことをお伝えしたかったんです。(具体的な数字も無しに)

フォークソングブームに乗って猫も杓子もアコギだったり、今話題のSPAMキムタクが使ったことからオベーションがドッカンドッカン売れたり、X-JAPANブームだったり…

音楽シーンのブームに合わせて色々な楽器のブームが来ましたが、近年で一番が2009年のけいおん!ブームでした。

下らないと思う方も多いかもしれませんが、特に楽器店の店員志望の方は、日本の楽器業界の歴史の一つとしてぜひ覚えておいてほしいところです。

 

ポチっとシェアして頂けると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

  1. 【トラックバック】[…] 出典楽器業界の歴史に名を残したけいおん!ブーム | なる楽器 […]

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL お気軽にどうぞ
http://www.naru-gakki.com/k-on_history/trackback/



PAGE TOP ↑