【豆知識】日本はギター、ベース用ピックが高い?

日本のピックはなぜ高い?

一部の指弾きプレイヤーを除き、エレキギターやアコギ、ベースを弾くのにピックは必需品です。

このピック、日本は海外に比べて高いって皆さんご存知でした?

日本のピックはなぜ高い?

1枚100円というと安くも感じますけど、ピック20枚入れてたピックケースを落としたら2000円+ピックケース代。

バカになりません。

実は日本って海外に比べてピックがお高いんです。特殊な素材や形状のものを除き、海外でピック1枚辺り100円はなかなかみかけません。

それというのも、日本ならではのピックバラ売りのためです。

日本はピックが高い理由:バラ売り日本とまとめ売り海外

日本のピック1枚辺りの単価がなぜ高いかというと、バラ売りをやっているからです。

反面、海外では10枚とか12枚とかまとめ買いが基本です。ピックのバラ売りをやっている国の方が珍しいんです。(もちろん国にもよります。)

バラ売りをしている日本では細かい品出しや在庫管理などの人件費がかかりますし、お客様が見ている内に落としてどこか行ってしまいそのまま紛失…

悪質なケースでは万引きされることもあり、歩留まりが悪いのです。

そういったコストも織り込んでいるため、日本のピックは海外に比べちょっとお高く設定されている側面があります。

まとめ買いが基本の海外ではそういったコストがかからないため、1枚辺り100円もしない場合がほとんどです。

日本はピックが高い問題 まとめ

  • 海外ではピックはバラ売りではなくまとめ売りが基本。
  • ピックを1枚単位でバラ売りしている日本ではコストがかかるため、売価が比較的高くなる。

なお、日本でも通販などではピックのまとめ売りも珍しくはなく、バラで買うよりもある程度安くなっていることがあります。

お気に入りのピックがある場合はまとめ買いでお買い得に購入する方がオススメです。

 

ポチっとシェアして頂けると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL お気軽にどうぞ
http://www.naru-gakki.com/gt_bs_pick_highcost/trackback/



PAGE TOP ↑