【フルートの基礎知識】Eメカとは?

Eメカニズムとは?

Eメカニズム(以下Eメカ)とは、フルートの構造上出しづらい第3オクターブのE(高音域のミの音 / High E)を簡単に出せるように補助してくれる機構です。

フルートを選ぶにおいて大事なポイントの一つ。

メーカー・ブランドによってオプションとして用意されているか、Eメカ付のモデルとEメカ無しのモデルがラインナップされているかは異なりますが、どうあれフルートを買う際にはEメカ付きか無しかを選択しなければなりません。

後から気軽に付けたりはずしたりできる物ではないので、慎重に選ぶ必要があります。

やはり初心者ほどこのEメカについて迷う(というかよくわからない)ことが多く、店員への問い合わせの多い事項。

楽器店のスタッフになりたい方は、ぜひよく憶えておきましょう。

もちろん、今まさにEメカの有無で迷っている方やEメカがどういうものかわからない、という方も、是非参考にして頂ければと思います。

 

Eメカの概要と特徴

フルート-Eメカ有り・無し

赤い丸の部分のバーがEメカの機構。

繰り返しになりますが、Eメカの特徴は第3オクターブのE=高いミの音を出しやすくしてくれる構造です。

フルートは構造上、第3オクターブのE音は出音が不安定になりやすく、フルート奏者にとっては厄介な難関の一つ。

ある程度熟練してきちんと吹けるようになった方でも、緊張のため音がきちんと音が出せないなんてことも。

大げさに言うならば、フィギュアスケートのジャンプの大技のようなものでしょうか。

本来、第3オクターブのEは第1 / 第2オクターブ Eの運指から指を一本だけ離してAキイの部分を解放するのが理想なのですが、この時Eメカのないフルートだと、構造上余計なキイ(表G#)も一緒に開いてしまいます。

そのため第3オクターブのEが吹きにくいのです。

そして、Eメカはこの表G#のキイが開かないようにしてくれる機構、というわけです。

Eメカ搭載による音質の変化

Eメカを搭載することにより、わずかにフルートの重量が増すため、Eメカ無しのものとは音質が微妙に異なります。

基本的にフルートは質量が小さいほど音は軽やかで華やかに、質量が大きいほど重厚感のあるサウンドになると言われています。

Eメカ付きの楽器はEメカ無しの楽器に比べ若干、ダークで重みのある鳴りを持つ傾向があると言えるでしょう。

重量差は僅かではありますが、Eメカが絡む音だけでなく全体の鳴りにも関わる要素です。

気にする程度ではない、という向きもありますが、そういう影響もあるということは認識しておきましょう。

Eメカのデメリット

Eメカのメリットはそれはもう、第3オクターブのE音を出しやすいというところにつきます。

しかし、残念ながらEメカをつけることによるデメリットもあるので、きちんと理解した上で選択する必要があります。

1.価格が高くなる

例えば、ヤマハの場合フルート入門機のYFL-221の希望小売価格が、65,000円(税抜)。

そのYFL-221にEメカをつけたYFL-211が82,000円(税抜)と、その差額は27,000円。

ムラマツの場合はモデルごとに違うのではなく、オプションで付けるという形ですが、エントリークラスのEXやGXなどでは+28,000円(税抜)。

エントリークラスでは大体この程度が相場です。

が、Eメカの価格はフルートの素材によって変わります。

同じムラマツのDSやSRなど総銀製になると+65,000円(税抜)。

メカニズムも銀製になるため、総銀製のフルートの場合はEメカも高くなる傾向にあります。

銀以外の素材も同様で、本体に高価な素材を使っていれば、それだけEメカの価格も高くなります。

また、メーカーによってはキイの仕様(インラインキイ or オフセットキイ / カバードキイ or リングキイ)などによっても、Eメカをつける際のオプション価格が変わることがあります。

この辺りは予算とも要相談です。

(※価格はすべて2015年2月現在のものです)

2.一部トリル運指が使えなくなる。

EメカがついていることによりG#のキイが塞がれたままになるため、一部トリル運指が使えなくなります。
(第3オクターブのGやAの右手中指が絡む運指など)

替え指では音の安定性に不安があるということでEメカを嫌厭する方もいらっしゃいますが、初心者の方はまず第3オクターブのEを普通に吹けるかどうかがまず大事ですし、それほど気にしなくても良い点だとは思います。

ただ、熟練した方では

3.故障率の増加

Eメカがついている分、キイの構造が少し複雑になるため、若干でありますが故障する可能性が増します。

とはいえ、そういうトラブルの可能性がある場所が少し増えるという程度のこと。

それ程神経質に考えるほどのものでもないでしょう。

初心者にはEメカは必要?不要?

まず、音楽教室やどなたか先生に教わるという場合は、先生の考え方やカリキュラムに合わせてフルートの仕様についてある程度指定されることがあります。

誰かに教わるという場合は、まずその方にご相談されてから決めると良いでしょう。

特にそういった指定はなかったり独学という場合、吹奏楽器の経験がなく自信がないようであれば、最初の一本目では入門用としてつけておいた方が無難でしょう。

Eメカ無しでフルートにチャレンジする方もいらっしゃいますが、やはり第3オクターブのEでつまずいて嫌になった、というお話もよく聞きます。

特に初心者は最初はハ長調の曲から練習することが多く、そうすると第3オクターブのEは避けては通れない道にあります。

※補足ですが、キイに穴が空いているリングキイの場合はEメカをつけることはあまりありません。

リングキイは構造上音抜けがよく、Eメカ無しでも第3オクターブのE音がそこまで出しにくくはないため。

但し、元々リングキイ自体が指でキッチリとキイを塞がなければならず難易度が高いので、短略的に初心者に勧められるものではありません。

まとめ

・Eメカとは、フルートの構造上出しづらい第3オクターブのEを楽に出せるよう補正してくれる機構である。

・特定のトリル運指が出来なくなるなどのデメリットも存在する。(替え指で代替可能)

・Eメカは原則後から取り付け、取り外しはできないので、慎重に選択する必要がある。

初心者にはつけておいた方が無難とは言いましたが、事情によってはEメカは使いたくないという方もいらっしゃるかとは思います。

予算の問題や、構造上吹奏感や運指への影響もありますし、そういったデメリットが気になる方や、後々買い替えるつもりはなく、Eメカ無しの一本で済ませたい方など。

それはそれで別にEメカは無くてもいいでしょう。

最初は少し苦労するかもしれませんが、最近のフルートは昔のフルートに比べれば高音の音も大分出しやすくなっているようですから、チャレンジしてみるのもありかもしれません。

なお、今回は特に触れていませんが、オン / オフができるヒンジ付きのEメカや、ニューEメカと呼ばれる従来のEメカとは違う構造のものも存在しています。

Eメカによるデメリットが気になるという方は、こういったものも検討してみると良いでしょう。

ポチっとシェアして頂けると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL お気軽にどうぞ
http://www.naru-gakki.com/flute-e-mechanism/trackback/



PAGE TOP ↑