ジャガーとジャズマスターの違い

似ているように違うジャガーとジャズマスター

ジャガーとジャズマスターの違い

似ているようで色々違うとジャズマスター(左)とジャガー(右)

見た目が似ていることもあって何かと兄弟機扱いされるこの2機。

しかし、実際にはジャガーとジャズマスターには色々な違いがあります。

今回はジャズマスターとジャガーの違いについて詳しく解説します。

最大の違い・スケール

ジャガーとジャズマスターの最も大きな違いはスケール(弦長)の違いです。

ジャガー=ショートスケール

ジャズマスター=ロングスケール

スケールが違うと弦のテンションが全然違うため演奏感もかなり変わりますし、サウンドも変わってしまいます。

ロングスケールとミディアムスケール程度ならそこまで極端でもありませんが、ショートスケールとロングスケールとでは1フレット分ほど差が出てしまいます。

これではかなり弾いた時の感触と音に違いが出ます。

スケールが違うことによる影響はざっくり言うと

・スケールが短いとテンションが下がり弾きやすくなるが、音に張りがなくなる。

・スケールが長いとテンションが上がり音に張りが出てくるが、弦が硬くなり弾きづらくなる。

ジャガーは手の小さい女性やお子様でも弾きやすく、ジャズマスターはストラトキャスターなど一般的なエレキギターと同じ演奏感となります。

音色の傾向も上記の通りですが、この二つのギターはピックアップの個性が強く、スケールが与える影響は音よりも特に演奏性で強く感じますね。

また、ジャガーの方がスケールが短い分、全長が若干短くなります。

実はボディーシェイプも若干違う

ジャガーもジャズマスターもオフセットボディーのため全く同じだと思われがちですが、実はボディーのシェイプ(形)も微妙に違いがあります。

この辺りは下記ブログでシェイプの画像を使って詳しく解説されていますので、ご参考にどうぞ。

 

ピックアップマイクのタイプの違い

ジャガーもジャズマスターもそれぞれのコンセプトに基づいて造られたオリジナルのピックアップが搭載されています。

エレキギターのサウンドの9割はピックアップマイク(以下ピックアップ)で決まると言っても過言ではないほどで、ここでもかなり大きな違いが生まれます。

ジャガーのピックアップは一般的なストラトキャスターのピックアップよりもアタックが強めで硬質な音が特徴。

ジャズマスターはその名の通りジャズギタリストをターゲットにして造られたエレキギターで、FENDERにしては珍しくウォームで落ち着いた音が特徴です。

どちらもシングルコイルのピックアップではありますが、巻きが多く磁力がある分弦の振動を阻害し、サステインは短めになります。

しかし、その分出力が強いのも特徴ですね。

楽器で大事なのはやはり音ですから、ジャズマスターとジャガーとで悩んだ場合、スケールの並んでサウンドキャラクターで選ぶ方はかなり多いです。

ジャガーとジャズマスターのコントロール類の違い

マスターボリュームとマスタートーン、そして両機ならではの特徴であるプリセットコントロールなど、ジャガーとジャズマスターは基本的なコントロールは似通っています。

しかし、ピックアップセレクター部分の仕様が違います。

ジャズマスターはレスポールなどにもよく使われるトグルスイッチと同じタイプのスイッチ

ジャガーのP.Uコントロール部にはスライド式のスイッチが3つあり、それぞれがフロント・リアピックアップのオン・オフスイッチと、ローカットスイッチとなっています。

ジャズマスターの方が直感的に使いやすく、ジャガーの方が若干クセのあるピックアップセレクターシステムと言えるでしょう。

パネル部分の見た目の違い

ジャガーの場合、各種スイッチやツマミなどのコントロール類が全て金属パネル上に載っています。(主にクロームメッキされたパネル)

一方、ジャズマスターの場合は全てのコントロールノブやスイッチ類はピックガード上に配置されています。

これは見た目の違いだけで音や演奏性など楽器としての機能には特に影響はありません。

JGとJMの違いまとめ

・ジャズマスターとジャガーの主な違いは3つ挙げられる

・ジャガーはショートスケールでジャズマスターはロングスケール

・ピックアップのキャラクター、特性が違い、ジャガーは硬くアタッキーなサウンドでジャズマスターはウォームなサウンド

・ジャズマスターはピックアップセレクターにトグルスイッチを使用

・ジャガーのピックアップセレクターはリア・フロントそれぞれスライドスイッチでのオンオフ式で、ローカットスイッチもついている

見た目はほとんど同じなジャガーとジャズマスターですが、実際にはこれだけの違いがあり、楽器として、またエレキギターとしては結構キャラクターが違うモデルです。

音の違いやピックアップセレクターの操作性は他の機器のセッティングや慣れである程度コントロールできますが、スケールは演奏性・サウンド共に大きな影響を与え、後からどうこうできるものではないため、特に注意が必要です。

なお、今回は両者のスケールの違いについて、またそれぞれのセレクタースイッチの使い方などについては軽くしか触れていませんでした。

こちらについては別に詳しく解説しており下記関連記事にリンクがございますので、あわせてご参考になさってください。

それにしてもJGとJMってなんだかJKみたいでワクワクしますねドゥフフ。

 

ポチっとシェアして頂けると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL お気軽にどうぞ
http://www.naru-gakki.com/difference-jm-jg/trackback/



PAGE TOP ↑