【初心者の一本目】入門用のアコースティックギターの選び方

入門用、一本目のアコギを選ぶポイント!

アコギのことはよくわからない店員これからアコギを始めたいという方向けに、オススメのシェイプや中古と新品のどちらがいいか、エレアコと生ギターではどちらがいいかなど、入門用ギターの選び方や重要視すべきポイントを解説します。

※今回言うアコギとは鉄弦のもの、いわゆるフォークギターを指します。

まず大事なのはサイズとシェイプ!

アコギの基本的なサイズドレッドノートシェイプとフォークシェイプ

ドレッドノートシェイプとフォークシェイプの一例(YAMAHA FGシリーズとMorris Fシリーズ)

アコギは基本的に、ボディーが大きい程音量が大きくダイナミックなサウンドになり、ボディーが小さい程まとまりがあり繊細なサウンドになります。

アコギにも色々なモデルがありますが、最も一般的なのはドレッドノートシェイプ / ドレッドノートサイズと、俗にフォークシェイプ / フォークサイズと言われるOOOシェイプ(トリプルオーシェイプ)の2種類。

どちらも元々はMartin社が開発したシェイプですが、特に入門用のエントリークラスは大抵この二つのどちらのシェイプがほとんどです。

なので、最初はこのどちらかから選ぶのが基本となるでしょう。

初心者が一本目に選ぶならフォークシェイプの方がオススメ

サウンドの好みやジャンルの向き・不向きもあるので、ドレッドノートサイズとフォークサイズのどちらの方が優秀とは一概には言えません。

が、演奏性では断然フォークシェイプの方が優秀なのです。

フォークシェイプはボディーが全体的に小さく胴薄で、くびれが深いため抱えやすく、弾きやすいという特徴を持っています。

反面、ドレッドノートシェイプはフォークシェイプに比べ音量が大きいう点が特徴の一つですが、最初は家で練習するのがメインになる初心者にとってメリットではなくただの騒音問題となってしまいます。

特にコレが欲しい!というこだわりがなければ、入門用の一本としてはフォークシェイプの方がオススメです。

値段の違いは木材のグレードの違い – 合板と単板 –

さて、シェイプが決まったら次は具体的にモデルを決めていくところだと思いますが、次に気になってくるのは値段の違いだと思います。

アコギのグレードと音質・価格に密接に関わるのが、ボディーを構成する木材が単板か合板か、というところです。

詳しい解説は省きますが、単板の方が合板よりもギターの鳴りがよくなります。

アコギのボディーはトップ、サイド、バックの3つのパーツで構成されており、市販されているギターは

・トップ / サイド / バックの全て単板(全面単板)

・トップのみ単板でサイド / バックは合板(トップ単板)

・トップ / サイド / バックの全て合板(全面合板)

の3パターンが一般的。

メーカーやブランド、生産地や木の種類によっても異なりますが、大体の相場的には全面合板は3万円以下程度、トップ単板で3万~、前面単板で8万~といったところでしょうか。

色々な考え方はありますが、管理人個人的には入門用のアコギとしてはトップ単板くらいがちょうど良いと思います。

弦の振動が一番最初に伝わるトップ板が単板というだけで音質はかなり変わりますし、この辺りの価格帯からある程度造りがしっかりしてくるので、ある程度弾けるようになってからも趣味で使う分には十分なレベルで、コスパが高いと言えるでしょう。

※合板・単板については別途記事で解説しています。詳しくは下記リンクよりどうぞ。

特殊なギターはやめておこう。

特殊なアコギの具体例として、ミニギター12弦ギターが挙げられます。

ミニギターはあくまでちょっとした旅行に持っていく時などにサブとして使ったり、まだ身体が成長しきっていないお子様が使うためのものです。

フルサイズのアコギに比べ音もあまりよくはなく、感覚が違い過ぎて練習用としても微妙です。

また、12弦ギターは独特でキレイな音はすごく良いのですが、あまり一般的に使われるものではありません。

弦が多い分テンションが高く押弦がシビアになるなど、練習がメインとなる初心者にとってメリットがありません。

どちらも最初の一本目としては避けた方がいいでしょう。

生ギターとエレアコ・中古品と新品の選択

エレアコと生ギター、どちらが良い?

入門の方で、エレアコにするか、ピックアップはついていない生ギターにするかで迷う方も多いです。

「 チューナーなんかもついてたりするし、生音も出せてアンプにも繋げるエレアコの方がお買い得なのでは? 」と考え方ですね。

が、特にアンプに繋げて使う予定がないのであればエレアコよりも生ギターを選んだ方がいいです。

生ギターは当然鳴りが良いものが良いギターということになりますが、エレアコの場合は生鳴りが良すぎると、アンプに繋げた時にスピーカーがブワブワと鳴ってしまうハウリングという現象を起こしてしまいます。

それを防ぐため、エレアコを製造する時はあえて鳴りを抑えて造ります。

エレアコはピックアップなどパーツが多く製造コストがかかるため、同じ価格なら生ギターの方が生のアコギとしてのグレードが高くなる、という点も、生ギターの方がオススメな理由の一つです。

入門用に中古品はどうなの?

管理人個人的には、初心者がアコギの中古品を買うのはあまりオススメはしません。

昔は良質な木材も豊富でしたし、安いクラスでも日本で造っていたりと、古いアコギも楽器としてみれば良いものがたくさんあります。

アコギは弾き込まれて鳴りがよくなるという面もあるので、その辺りを期待できるのも利点もあります。

ですが、ただでさえ板の割れや浮きなど致命的な故障が起こりやすいのがアコギの特性。

実際に現物を見て故障や修理された跡がないか、割れなどの兆候が出ていないかがわかった上で判断できるのであれば良いのですが、知識も経験もない初心者には難しいでしょう。

信頼できるお店・店員さんや先輩など、適切なアドバイスが受けられるならともかく、最初の一本目には中古品ではなく新品を選ぶのが無難です。

アコギ一本目の選び方 まとめ

・最初の一本目には小ぶりで弾きやすく、音も小さ目のフォークシェイプがオススメ

・トップ / サイド / バックそれぞれが単板で合板であるかが選ぶにおいて大事なポイント

・アンプに繋ぐ予定がなければエレアコではなく生ギターにすべし

・ミニギター、12弦ギターなど特殊なものは避けるべし

・最初の一本目には中古品よりは新品の方が無難

管理人は元々エレキギター派でアコギの知識はほとんどなかったため、楽器店に勤め始めた頃すごく苦労した覚えがあります。

楽器すら触ったことがない方にとっては更にワケわからず大変でしょう。

これから一本目を選ぶ方の参考になれば幸いです。

ポチっとシェアして頂けると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL お気軽にどうぞ
http://www.naru-gakki.com/beginner-firstfg/trackback/



PAGE TOP ↑