【初心者向け】初めてのエレキギターの選び方!

入門用エレキギターを選ぶポイント

初心者向けのエレキギター

一本目のエレキギターで迷っている皆さんのために…

これからエレキギターを始めたいけど、一本目にどれを買えばいいのかよくわからん!

そんな方のために、初心者が入門用のギターを選ぶ時に気にすべき点について解説していきます。

初心者が一本目を選ぶポイント

初心者、というか入門者にとって重要なポイントは、

・扱いやすく弾きやすいこと。

・クセがなく、オールマイティーに使えること。

扱いやすく弾きやすいものが良いというのはいうまでもありません。

そして、クセがなくある程度オールマイティーに使えるというのはかなり大事な点です。

特にギターを始めたばかりだと好きな曲がすぐに練習できる曲とも限りませんし、ただ音楽を聴いていたときとギターをやり始めた後とでは好きな音楽のジャンルも変わりがち。

特定のジャンルに特化した楽器をでは対応ができなくなるので、バランスがよくてオールマイティーに使えるギターが良い、というわけです。

本人が気に入ったかどうかも大事!

もう一つ、エレキギターの選び方として重要なのは、本人が気に入っているかどうか、というところです。

エレキギターは楽器の中でも特に種類・機種の多い楽器で、ファッション性が高いです。

そして、ライブなどステージでは少なからず華やかなポジションなので、見た目のカッコよさもモチベーションに繋がるものなのです。

特にある程度弾けるようになるまでの初心者期間は地味な練習の繰り返しになるので、それを乗り越えるまでの本人のモチベーションはかなり大事。

あまり深く考えず、とりあえず気になったのを持たせてもらって見た目が気に入ったらOK!というのも全然有りです。

ただし、最初の一本目は特殊なものはNG

あまり一般的ではないエレキギター(変形・12弦・ミニギター)

入門用としてはオススメできないクセの強いギターたち

好きなものを使うのが一番いいはいいのですが、あまりにクセの強い特殊なモデルは辞めておいた方が無難です。

特殊なものの例として、変形ギター7弦ギターや12弦ギターなどの多弦ギターアンプ内蔵ギターなどのミニギターが挙げられます。

多弦ギターは演奏性・音色のクセが強く、使う場面やジャンルが限られます。

そういうジャンルだけをメインにやる!というのであれば構いませんが、特にこだわりがない方はやめておきましょう。

また、ミニギターは身体が成長しきっていないお子様が使ったり、持ち運びが便利な点を利用して旅行などにちょっと持ち出したりなどで使うもので、本格的な演奏にはあまり向きません。

小柄な女子高生でも普通のエレキギターを弾きこなしていますので、よほど小柄でもない限りはミニギターにこだわる必要はありません。

変形ギターは見た目重視で演奏性は考えられていないので、座って練習をすることの多い初心者が変形ギターを買ってしまうと練習が捗らず上達が遅れてしまいます。

上記のもののどれも普通のギターで慣れてある程度弾けるようになってからでも遅くはありません。

これら変形ギターや多弦ギターやミニギターなど特殊なものを最初の一本目に選ぶのはやめておいた方が無難です。

 

結論:入門に無難なモデルはストラトキャスター

入門にもぴったりなエレキギターストラトキャスター

入門にもピッタリなエレキギターの王様 ストラトキャスター

以上の点を鑑みて、管理人がこれから始める方に一番オススメなのはストラトキャスターです。

・ネックが細めの傾向があり初心者でも弾きやすい。

・ボディーに身体にフィットする工夫がなされ、比較的軽量で扱いやすい。

・音色にクセがなく、ピックアップが3つあり、ハーフトーンやトーンの調節などによりサウンドバリエーションが多彩。

・アームもついているのでアーミングが必要な曲にも対応可能。

などなどオールマイティーに使え、初心者にとって適した要素も詰まった優秀なエレキギターです。

元々ストラトキャスター自体がオールラウンダーなギターで、初心者だけでなく上級者やプロからも愛されているモデルです。

本家Fenderのものはさすがにそれなりの価格になりますが、他メーカーで入門用に作られているものであれば1万円前後から売られています。

最近は安い物でもそれなりにしっかりとした造りになっていますので、最初の一本目として割り切って安い物を買って好みが出てきたら買い替える、というのもいいでしょう。

IBANEZのSRシリーズや入門用のGRXシリーズ、YAMAHAのPACIFICA(パシフィカ)シリーズなどストラトキャスターから派生したようなモデルなんかも似た特性を持っていますので、こういったものも同じようにいい感じです。

少し前まではシングルコイルピックアップマイクのストラトキャスター / ハムバッカーのレスポールという風に二分されていましたが、最近はストラトキャスターでもリアにハムバッカーを搭載したモデルも多く、パワフルなサウンドが欲しいという方でもストラトキャスターで事足りるようになりました。

もちろんレスポールもすごくいいギターなのですが、本体の重量がありネックもストラトキャスターに比べ太めなので、正直演奏性を考えればストラトキャスターに分があがります。

管理人、レスポールはすごく好きですが、率直なところ入門用のエレキギターとしてはレスポールよりもストラトキャスターの方向いています。

まとめ

・入門用の一本目としてはストラトキャスタータイプがオススメ。

・でも気に入ったものが一番!見た目で選んじゃうのも有り。

・但し、変形 / 多弦 / ミニギターはクセが強く、最初のエレキギターとしてはやめといた方が無難。

色々書きましたが、あくまでもストラトキャスターは初心者にとって最適、というかオールマイティーに使えるので初心者にも良い、ということであって、ストラトキャスター以外がダメということはありません。

レスポールもストラトキャスターと比較すればちょっと扱いづらいというだけで、すごくいいギターですし。

というか、ストラトキャスターが異常に優秀なだけです。

先述の通り、本人がそのギターを気に入っているかどうかも大事なので、見た目で気に入ったものであればそれが一番です。

上記で挙げたようなクセの強いギターでもなければそこまで扱いづらいということもありません。

ストラトキャスターやレスポールに限らず、テレキャスターでもSGでも、好きなものを選びましょう。

ぜひピッタリの一本を見つけて、楽しいギターライフを送ってください。

楽しいですよ、エレキギター。

ポチっとシェアして頂けると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL お気軽にどうぞ
http://www.naru-gakki.com/beginner-firsteg/trackback/



PAGE TOP ↑